Connected

Connected

ぎっくり腰になったらポッコリお腹がへっこんだ話




昨日の記事に書いた通り、ぎっくり腰になって本当に本当に大変だったのですが。

ぎっくり腰の副産物とでも言うのでしょうか。奇跡が起きました。

アラサーあたりから気になりだし、娘(現在は小1)の出産とともに加速していった「ポッコリお腹」。
娘が生まれてから数年経っても、妊婦と間違われたことさえある「ポッコリお腹」。

そんな強烈な「ポッコリお腹」が何と何とへっこみました!!
(何回言うねん、ポッコリお腹・笑)
そのへっこみ具合といったら、もうテレビショッピング並み🎉

ぎっくり腰でなぜお腹ヤセできるのかというと…

よく椅子の背もたれを使わずに背筋を伸ばして座ると良いというような話は聞くと思いますが、実際にやるのは簡単なことではありません。

ところが、ぎっくり腰になると正しい姿勢で体幹を使って座ったり、歩いたりしないと激痛に襲われるので、背すじを伸ばし、後ろに倒れてしまっている骨盤を立てて座るようになりました。

最初はすぐにプルプルしてきて長時間は座れず、すぐ横になったり、
胃の位置が上がるせいか?座っているとつわりのような気持ち悪さに襲われたりしていましたが、1週間ほど経った今ではすっかり慣れてきました。

ちなみにほとんど動かないにもかかわらず、ストレスやら身体の本能やらでいつもよりは食べていたはず。
実際、今日体重を測っててみたら、痩せてはいませんでした。
(逆に太ってなかったことにも驚きますが)


本当に効果があるのかなという気持ちが一度、湧いてきてしまうと、
トレーニングのモチベーションを維持するのが難しく、
なかなか続けられなかったりしていたのですが。

たった1週間、体幹を鍛えたり、日々、姿勢に気をつけるだけでも見た目はものすごく変わるんだということを実感できたので、これからは本気で取り組んでいけそうです。


まだまだ、腰が痛いのでどのトレーニングがいいかは検討中ですが、
少しずつ椅子の背もたれにもたれられるようになってきても、まだまだ良い姿勢とお腹は継続中です。
ぎっくり腰になったらポッコリお腹がへっこんだ話 ぎっくり腰になったらポッコリお腹がへっこんだ話 Reviewed by Kiko on 9月 20, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

Home Ads

Powered by Blogger.